アルバイトでもカードローンを利用できました

アルバイトや派遣社員などで働いていると、給料がそれほど高くないので急な出費があるとお金のピンチになってしまう事がよくあります。
そしてそんなピンチにかなり助かるのがカードローンの利用です。
私もバイトとして働いている時に友達の結婚式があったので、何万もお金が足りなくなって本当に困ったことがありました。
ですが、その時にカードローンに申し込んだおかげで、すぐにピンチは解消されました。

もちろん最初は自分がアルバイトなのでカードローンの審査などに通るはずがないと思っていました。
なので、申し込む勇気がなかなかでなかったんですが、アルバイトでも大丈夫だったという口コミを結構見たのでダメ元で申し込んでみました。
すると、本当に審査に通ってしかもその日のうちに融資を受けることができたんです。

もちろんアルバイトなので融資限度額というのは少なくなってしまいましたが、それでもいいという場合は当日か翌日には融資を受けることができるのでおすすめです。

カードローンは、いわゆるキャッシングのサービスであり、無担保で利用することができます。
とても便利なので、お金に困ったときには是非おすすめしたいです。
注意点として金融機関による違いの大きさがあります。
金利はもちろん、審査スピードや限度額など、前もって知っておいたほうが良いことはたくさんあります。
審査へ申し込みをした後、他所の金融機関の方が良かったと後悔しないようにしましょう。

初めて消費者金融を利用する方はもちろん、今まで利用した経験のある方でも役に立つ情報が満載です。
キャッシング体験談なども紹介していますので、キャッシングの際の参考に役立ててください。
参考:消費者金融ALLガイド | 利用するのが初めての人も消費者金融やキャッシングの全てがわかる!

当然借りやすい金融機関もあればそうでない場合もあるので、人によっては審査基準が最優先事項となります。
審査の甘いところであればアルバイトでも通る可能性はあります。

ただし前提として安定して稼いでいる人が審査対象となっていることが多いです。
そういう意味では個人事業主、自営業者は審査の甘いところを探したほうが良いこともあり得ます。
限度額は年収が影響することが多いため個人差が出やすい項目です。
どうしても気になる人は審査シミュレーション等で調べてもらいましょう。

カードローンは責任を持つことが大事です。
先日知人がカードローンで支払いがしきれなく、親からお金を借りたという話を聞きました。
カードでの買い物はひと昔前まで「魔法のカード」なんて呼ばれていましたが現実はきちんと口座から支払いがされています。
現金が目の前にあるかないかの違いだけではないのかと思います。

カードローンは現金が目の前にない分、支払いに対する責任が薄くなりがちになります。
「後日請求を見れば済む」位の軽い気持ちでは貯金額が少ない人だとあっという間にゼロになってしまうと思います。
知人がそうでした。

あれもこれもと購入しているうちに気が付けば貯金額で支払いができず、泣き寝入りする始末になってしまいます。
定期的に通帳残高を確認していくらカードローンだからといっても不必要なものは購入しないことが大切であると思います。
カードローンは現金払いでないので人によっては現金をもつ必要がなく、財布の有無を心配する必要がないかもしれませんが、自分の買い物の支払いにきちんと責任を取れるのを前提に利用してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です